ホーム > 記事 > 加法

記事

加法

集合論の言葉による二項演算の表現

前々回は写像を集合論の言葉で定義し、使えるようにした。二項演算はこの写像として定義できるので、今回は二項演算を定義する。これによって、以前定義した自然数に足し算などの演算を与えることができる。